Powered by ThokoSetzer

アクセスカウンタ

zoom RSS 震災ボランティア記録

<<   作成日時 : 2012/03/07 10:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

トーコセッツアーです!


JTBのバスツアーで、週末を利用して震災ボランティアに行ってきました。
諸般タイミングが合わず、今回、被災から一年めにしてやっとの参加でした。

参加するにあたっては、
「自分が行ったところで役に立つのか?」
「一年経って何かできるのか?タイミングを逃していないか?」
「ちょっとぐらいの参加で助けになるのか?」
と若干迷いがありました。


画像


しかしながら、重機を使うようなガレキの撤去などは進んでいるものの、
畑の土の中に混じったガラスの破片を手で取り除くなど、
人手でしかできないような気の遠くなるような作業はたくさん残っているようです。


被災から一年、現状の拡散の意味も込めて、今回のツアーの記録を残しておきます。


ツアー概要
======================
[出発の約一週間前]
ツアー最終案内で「宮城県石巻市の牡鹿半島」と具体的な行き先を知らされる。
(それまでは「宮城県に行く予定」とざっくり。牡鹿半島もあくまで「予定」と、流動的です。)

[土曜]
20:30東京発(高速バス)

[日曜]
SAや道の駅でトイレ休憩や洗顔、朝食の買い出しをしながら、早朝現地入り。(写真は道の駅「じょうほんのさと」)
画像



到着後、ボランティアセンターで当日必要な作業を振り分けられる。
指示があるまで、バスの中で待ち時間を過ごします。

今回の作業内容は、漁港の側溝の掃除でした。添乗員の女性も黙々と働きます。
画像


二人一組になって、シャベルですくう〜土嚢で受けるを繰り返します。
携帯カメラを構えても、照り返しで自分が何を撮っているかよくわかりません。たびたび指が写ってる。
画像



一時間の休憩(お弁当とお茶付き)をはさんで午後まで作業
画像



近隣の工場の社長さんの好意で、長靴の泥を洗わせていただき、作業終了。
実働3時間ぐらい。
画像



14:30牡鹿発(高速バス)


23時ごろ東京駅着、解散

============================


事前のオリエンテーションで「遺品や御遺骨が出てくる場合もあります」と言われていましたが、今回の側溝掃除でも、泥の中からテレビのリモコンが拾いあげられていました。

木の枝に壊れた犬小屋の屋根みたいなものがひっかかったままになっていたり、被災した時のまま放置された、壊れた家屋もたくさんありました。


理髪店など、営業しているお店もありましたが、店舗はプレハブの横に仮設トイレを置いたものだったりで、およそ本来の姿ではないでしょう。

まだまだまだまだまだ、人手はいくらでも必要です。

参加前の漠然とした不安はまったくもって杞憂に過ぎず。
自分は今生きていて、そこに待っている人がいるんだから、行けばいいのだ。



装備に関するメモ
======================
・長靴について
特に悩んだのは靴でした。
私の足のサイズは22.5センチ、このサイズは昔から悩みの種です。
あちこち見たけどやはりなくて、ワークマンで一番小さめの安全長靴を買い、中敷き二枚と鉄底と厚手の靴下で対応することにしました。

だがしかーし!
高速バスの旅で足がバッチリむくんで、作業に際しては中敷きをはずして履きました。
むくみは計算に入れておいたほうがいいみたい。


・手袋について
背抜きではなく、完全防水のものを持参しました。
これもまたゆるいと抜けやすいので、中に下ばき用の綿手袋を装着して調整。


・服装について
重ね着した上に、作業時はカッパ上下(ロヂャースで@550円ぐらい)を上に着て、作業終了してバスに乗る時はそれらを脱ぐことにしました。泥はねや臭い、汚れを気にせず作業できたので、これはよかったです。
ウン十年前に看護学校で習った「ガウンテクニック」がヒントになったもんだ。なんでもやっておくもんですな〜(笑)。


・GPSについて
有事の際、携帯電話にべったり頼るのはよろしくない、とは震災時にあらためて学んだこと。
土地勘も全くないし、バスで連れて行ってもらうと、自分がどこに行ったか見当がつかないだろう。
ということで、ガーミンのGPSを持参しました。
行きと帰りのルートを記録しました。


・(女性向け)トイレについて
生々しい話でごめんなさい、でも大事な話。
高速バスはトイレなし、しかも2時間おきに休憩を取ることになっているとはいえ、雪で通行止めになったらどうすんねん!

ちょっと年齢的には早いとはいえ、最悪の事態を考えて、尿パッドを準備しました。
尿パッドを嗤う者はバスの中でもらして泣け、です。
が、結局走行も順調で、使いませんでした。お天気が良かったのもあるけど、日本のバスはすごいね(運転手さんありがとう)。
======================



今回一人での参加でしたが、一人で参加されている方は少なくなく、バスの席も同年代同性どうしに配慮されており、同じく一人参加の女性3名と仲良くなりました。

帰宅後はさすがに疲れていました。
体力がないので、翌月曜はあらかじめ休みを取っていましたが、やはり夕方までずーっと寝てしまいました。



以上

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すごく元気を貰いました。
タツノオトシゴ
2012/03/07 12:29
震災前からブログ拝見したいました。
ボランティア活動に感謝します!
被災地より心をこめてありがとう。
hukurou
2012/03/16 22:22
久しぶりに覗かせて頂いたら被災地に行かれてたんですね。
ご苦労様でした。
トーコさんの勇気と愛に感動してます。
ROCK-AVENUE
2012/03/20 10:15
行動力あるな〜
ジャックダニエルズ
2012/03/29 19:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
震災ボランティア記録 Powered by ThokoSetzer/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる